宇宙の秘密を明かし、
未来文明の源流を創造しよう!

未来産業学部

未来を拓く理工系の知識・技術を学ぶ

未来産業に必要な科学技術である、機械・電気電子・情報工学を中心に、物理学や化学・生物学などの理学、及び宇宙工学や植物工場などの先端技術について幅広く学びます。実習科目を通し、様々な分野を融合させたものづくりにも取り組みます。

新産業の創造を志す理系人材となる

幸福の科学教学科目で、創造力や発想力、使命感、先見性、倫理性等を高め、未来文明の源流を開拓する大きな力とします。希望者は研究に早くから参加し、学会発表や事業化にも取り組んでいます。

メッセージ

大きな夢を求め、未知の世界に挑戦を

本学部の目標は、「未来文明」の源流となる全く新しい原理による未知の科学技術を、一般財団法人「未来科学研究所」と協力しながら研究開発し、新しい未来産業を興すことです。更に加えて、迫りくる食糧危機やエネルギー危機に対応できるような、食料増産技術や新エネルギーの開発を推進しつつ、それらを支える人材を養成します。理系的発想が豊かで、発明やモノづくりに興味関心のある方は、是非、未来産業学部での学びと研究を通して、ワクワクしながら、未来文明の礎となる「未知なるものへの挑戦」を、共に進めていきましょう。

未来産業学部 ディーン

福井 幸男

Yukio Fukui

1950年福岡県生まれ。京都大学工学部卒業。1980年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。博士(工学)。株式会社日立製作所、通商産業省(現経済産業省)工業技術院製品科学研究所(現産業技術総合研究所)、筑波大学電子・情報工学系教授、同大学システム情報系教授などを歴任し、2014年4月筑波大学名誉教授。2015年4月よりハッピー・サイエンス・ユニバーシティ 未来産業学部 ディーン。同学部プロフェッサー。著書に『「未知」への挑戦』他がある。

短期特進研究課程(2年制)

2017年4月より、2年間の「短期特進研究課程」を新設。「短期特進研究課程」では、未来文明の源流を創造する未来産業学部の先進的研究に参加できます。

全学共通科目